お好み焼きとモダン焼きの違い 実はワンポイントだけだった!?

Sponsored Links

鉄板焼き屋さんやもちろん自宅でも、簡単に作って食べられるのがお好み焼きですよね。

最近では、より作りやすいようにキャベツを足すだけでOKなんてお好み焼きセットも売られているからこそ、さらに身近な料理になっています。

一方鉄板焼き屋さんなどで目にするモダン焼き。名前は聞いたり見たりしたことはあっても、実際食べたことがある人、どういうものか知っている人はそこまで多くないと思います。

鉄板焼きでメジャーなお好み焼きと、名前は有名なモダン焼きの違いについてみていきましょう。

見た目の違い

お好み焼きとモダン焼きの見た目の違いはあるのでしょうか?

それぞれの見た目についてまずは考えていきましょう。

  • お好み焼き:千切りキャベツを中心に丸いパンケーキのような形にまとめられて、ソースやマヨネーズ、鰹節や青のりがかけられています。
  • モダン焼き:お好み焼きと焼きそばがひとつになった見た目。

そう、お好み焼きとモダン焼きは近いようで近くない。

モダン焼きのベースは基本的にお好み焼きで、そこに焼きそばがあるかどうかでモダン焼きという名前に変わるのです

Sponsored Links

作り方や具材の違い

次に、作り方や具材の違いをみていきましょう。

それぞれの作り方や具材の特徴は何でしょうか?

お好み焼き

キャベツ、小麦粉、卵、天かすなどの材料を混ぜたら、鉄板で丸く成形しながら焼けば完成です。

基本のたねは変わりませんが、豚や海鮮などを入れて違いを楽しみます

モダン焼き

モダン焼きの作り方は、通常のお好み焼きを作るようにお好み焼きのたねをつくると同時に、鉄板では麺をほぐして炒めておき、丸い形に成形しておきます。

その麺の部分にお好み焼きのたねをいれ、後はお好み焼きと同じ要領で焼いたら完成。

お好み焼き同様に、豚や海鮮をプラスして焼くこともできます。

というようにモダン焼きは、お好み焼きに麺がプラスされているだけ。

材料も、お好み焼きに麺さえ足せば簡単に出来るので、お好み焼きをお家で作る際には一緒に試してもいいかもしれません。

本場はどこ?

次に、それぞれの本場の違いがあるかどうかもみていきましょう。

お好み焼き

大阪が本場とされています。ただ、店舗自体は広島の方が多く、広島の方が本場ということも。

また、大阪と広島ではお好み焼きの作り方などに違いがあるので、お好み焼き同士でも違いがあります。

モダン焼き

モダン焼きは、大阪が本場で大阪のお好み焼き屋さんには100%といっていいほどあるメニューです。

モダン焼きの麺の特徴から広島焼きと勘違いされることが多いですが、モダン焼きと広島焼きは違うので勘違いしないようにしてくださいね。

モダン焼きはお好み焼きに麺を加えたものなので、お好み焼きをよく食べる大阪が本場になっているんですね。

大阪へ行けば、お好み焼きもモダン焼きも本場の味を堪能できます。

まとめ

お好み焼きとモダン焼き。

それぞれの違いは、焼きそば麺がついているかいないかです。

麺がついている分、モダン焼きの方がボリュームがあって食べ応えがあります。

お好み焼きさえ作れれば、モダン焼きはそこに麺を足すだけなので自宅でも簡単にできますし、モダン焼きレシピもたくさん公開されているのでぜひお好み焼きをする時には、モダン焼きも一緒にやってみてくださいね。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで食の小ネタを毎日お届け!

FoodBoxの最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

カテゴリー

ページ上部へ戻る