すき焼きのお肉 一人前は何グラムが目安?

Sponsored Links

年末年始など、冬は家族や友人、親戚などを呼んで鍋を囲む機会が増えますよね。

鍋にも色々種類がありますが、ちょっと贅沢をしたいときにはすき焼きを選ぶことが多いです。

すき焼きのための買い出しで気になるのが、一人前のお肉が何グラムぐらいになるのかということ。

やっぱり、すき焼きのメインはお肉です。だからこそ、それが少なすぎては満足できません。

すき焼きでは一人前はお肉何グラムが適切なのでしょうか?

すき焼きのお肉は一人前 何グラム?

実は、すき焼きでも焼き肉でもしゃぶしゃぶでも”一人前は何グラム”という定義はないのです。

そのため、そういったお肉を扱うお店はそのお店ごとに一人前の量を決めているのです。

では、お店ではすき焼きの一人前のお肉の量はどれくらいにしているのでしょうか?

お店によって多少差がありますが、すき焼きのお肉は大体100~200グラムで設定しているところが多いようです。

贈呈用のすき焼き肉も、150~200グラムで販売しているものが多く、大体それぐらいを想定しておけば間違いない量だといえます。

Sponsored Links

男性 女性 子供での調整法

一人前は大体100~200グラムのお肉であるすき焼き。

でも、すき焼きを食べる人数が増えると、3人前だと300~600グラム、5人前だと500~1000グラムというように用意するお肉の幅がだいぶ広がりますよね。

そんな時、食べる人が男性なのか女性なのか、子供なのかで考えるとよりわかりやすくなると思います。

男性であれば、一人前200グラムを用意して良いです。女性であれば、150グラムで十分です。子供なら100グラムで用意してあげましょう

そうすると、男性一人、女性一人、子供一人のすき焼きであれば、200+150+100=450グラム用意すればいいのです。

もちろん、女性でも良く食べる人はいますし、子供でもお肉が大好きな子がいるので、その場合にはある程度調整は必要ですが、男性・女性・子供で食べる量をイメージするとより用意するお肉の量がわかりやすくなりますよね。

他の具材はどれくらい必要?

すき焼きの主役はもちろんお肉ですが、それ以外もすき焼きには欠かせない具材です。

白菜、ねぎ、しらたき、焼き豆腐、しいたけなどはすき焼きの旨みにもつながる具材です。

これらの具材は一人前どれくらいを用意すればよいでしょうか?

  • 白菜 50~100グラム(葉1~2枚)
  • ねぎ 1/2本
  • しらたき 1/4袋
  • 焼き豆腐 1/4丁
  • しいたけ 2つ
  • たまご 1個

が一人前の目安です。

ちなみに春菊を入れる場合には、一人前当たり大体1/4把ぐらいですよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

By: ajari

まとめ

鍋の中でも贅沢な気分を味わうことが出来るすき焼き。

年末年始に実家に帰って食べるなんてことも多いですよね。

そんな時には、ぜひご紹介した一人前の量を参考にみんなが満足になるすき焼きの買い出しをしてくださいね。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで食の小ネタを毎日お届け!

FoodBoxの最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

カテゴリー

ページ上部へ戻る