チゲ鍋のチゲってどんな意味!? 実はあなたの使い方は間違っているかも!

Sponsored Links

冬場に食べる機会が多い、鍋。

鍋にも様々な種類がありますが、近年韓国フードの人気が高まると同時にチゲ鍋の人気も高まっています。

チゲ鍋ってなんとなく辛いイメージだけありますが、実際どんな?と聞かれるとわからないものです。

チゲ鍋とはどんな鍋なのか詳しくみていきましょう。

チゲ鍋ってどんな鍋?

チゲとはどんな鍋のことをいうのでしょうか?

チゲは朝鮮半島で一般的に食べられているお料理です。

キムチ、豆腐、魚介、肉など様々な具材をだし汁で煮込んだ鍋料理のことをチゲと呼ぶのです

また、だし汁にも様々あります。

日本人がイメージするチゲは、コチュジャンなどが入って辛く味付けられてものですが、チゲのだし汁はそれだけではなく、味噌や塩、すましのような味があり、日本でいう味噌汁的な存在かもしれません。

韓国の定食屋さんなどでは、やはり日本の味噌汁のような位置づけとして提供されることが多いんですよ。

Sponsored Links

『チゲ』の意味

チゲ鍋=辛い鍋というイメージが強い分、日本ではチゲは辛いという意味でとらえている人も少なくありません。

でも、チゲという言葉の意味は違います。

チゲという料理がどのような料理というのはすでにご紹介しましたが、色々な食材を色々なだし汁で煮込んだものがチゲだからこそ、チゲは「鍋料理」という意味です

なので、日本でよく表記されるチゲ鍋という表現は間違っていることになるのです。

日本でチゲ鍋と表現するようになったかは諸説ありますが、チゲを売り出そうとした飲食店はチゲだけだと、どんな料理かお客さんに伝わりにくかったから、鍋という言葉を付けたすことでお客さんにどんな料理かイメージしやすいようにしたとか…

分かりやすくしたかったという努力は分かりますが、鍋鍋という意味になってしまいますから、何ともかんとも…

韓国ではどんなチゲがある!?

チゲは色々な具材やだし汁で煮込んだ料理ですが、中身などによってもその呼び方が変わります。有名なチゲについて詳しくご紹介しましょう。

キムチチゲ

特に日本でいうチゲといえば、キムチチゲを指すほど浸透している料理です。キムチを具材として煮込むので辛さだけではなく、キムチの発酵食品独特に酸っぱみも感じられます。

スンドゥプチゲ

スンドゥプチゲは、最近流行りの韓国料理でもよく注文されることが多い人気の料理です。スンドゥプとは豆腐のことを指します。豆腐の入ったチゲの名前です。

ちなみに豆腐はくみ出し豆腐と呼ばれる、柔らかい豆腐のことですよ。

テンジャンチゲ

テンジャンチゲは、テンジャンという朝鮮味噌を使ったチゲです。朝鮮味噌は辛みがないので、味噌味の鍋と思っていいですよ。

プデチゲ

プデチゲは、部隊チゲとも呼ばれているチゲです。具材としては、ランチョンミートやインスタントラーメンを入れて食べるため、ボリュームがあることから部隊チゲとも言われています。韓国では特に若者に人気の高いチゲです。

まとめ

チゲは、鍋料理という意味ですので、本来はチゲ鍋という言い方は間違っています。

また、チゲはただ辛いだけではなく煮込みの鍋料理を指すため、辛みがないものももちろんあります。

ここら辺は日本人が勝手にイメージしている物ですので、辛い物が苦手だからということでチゲを避けていた人はテンジャンチゲなどの辛くないチゲもあるので、食べてみてくださいね。

特に冬場には体が温まりますので、オススメです。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで食の小ネタを毎日お届け!

FoodBoxの最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

カテゴリー

ページ上部へ戻る