オムライスを作ろう! スーパーでは鶏肉のどこの部位を買えばいい?

Sponsored Links

大人も子供も大好きなオムライス。

黄色いたまごもそうですが、たまごに包まれたチキンライスって本当においしいですよね。

チキンの旨みがケチャップライスに溶け込んで、オムライスのおいしさを高めてくれるものです。

ですが、チキンライスの鶏肉ってどの部位を使うかって悩むところじゃないでしょうか?

オムライスにおすすめの鶏肉の部位について詳しくご紹介していきます。

オムライスにオススメの鶏肉の部位

ではオムライスには鶏肉のどの部位を使ったらよいのでしょうか?

実は、これには決まりはありません。

オムライスのレシピをいろいろ見ても、モモ肉を使っているものもあれば胸肉を使っているところもあるほどなのです。

逆に言えば、どの部分を使ってもチキンライスは作れるということなのです。

では使う部位によって味の違いはあるのでしょうか?

味の違いについて次で詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

使う部位による味の違い

オムライスに使う鶏肉の部位として多いのは、モモ肉・胸肉・ささみですね。

それぞれで味わいは違うのでしょうか?

モモ肉

鶏肉の部位の中でも、ジューシーなのが特徴ともいえる部位です。

一緒に炒めれば鶏肉の脂が出てくるので、鶏肉の旨みが出やすくなりますよ。

鶏肉の旨みを感じやすい部位です。

胸肉

胸肉は比較的安く、家庭でもよく使われますよね

胸肉の特徴は、なんといっても柔らかいということ。モモ肉に比べると脂肪分も少ないので、クセが少なくさっぱりとしています

そのため、ケチャップライスと混ざりやすくクセが出にくいです。

お肉自体が柔らかいので、子供のオムライスには特におすすめです。

ささみ

ささみも胸肉同様にやわらかく脂肪分が少ない部位です。

胸肉よりもさらに脂肪がないので、カロリーをおさえたいという場合には特におすすめな部位になります。

ちなみに、鶏肉専門店などではチキンライスには「せせり」をおすすめしていることが多いです。

せせりというのは、首の肉のことです。

首はよく動かす部分のため、歯ごたえと旨みがつまっています。ぶつ切りにして使うとその歯ごたえを堪能できるということで、チキンライスのおすすめ部位とされています。

購入する時のポイント

オムライスの材料を購入する時、より作りやすくなるポイントをチェックしましょう。

オムライスに使用する鶏肉は、小さく切りますよね。

ですが、鶏肉を小さく切るのって結構大変ですよね。

そのためスーパーで鶏肉を買う時は、親子丼用などのように小さくカットされたものを購入することをおすすめします。

そうすれば小さく切る手間を省くことが出来ますよ。

200ff59246839219f51992b8fcca2eb1_s

まとめ

オムライスにチキンライスは必須ですよね。

その時、チキンライスに使う鶏肉はどの部位でもOKです。

モモ肉であれば肉汁から鶏肉の旨みをより感じられますし、胸肉やささみであればお肉のやわらかさに加えくせがないので、子供用には最適ですよ。

オムライスの鶏肉は部位によって違う味の違いも楽しんでみてくださいね。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで食の小ネタを毎日お届け!

FoodBoxの最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

カテゴリー

ページ上部へ戻る