えのきの賞味期限 ぬるぬるとぬめりがあったら、NGのサイン!?

Sponsored Links

えのきは、どんな料理にも使いやすく、お値段も安いということで主婦にはありがたいきのこだったりしますよね。

そして、ダイエットにもむいているという側面もあって、えのきを多めに買ってしまうなんてこともありませんか?

でも、えのきを買って冷蔵庫でしばらく置いておくと、ぬめぬめとぬめってくることありますよね。

こうなってしまうと食べるのはやめた方がいいのでしょうか。

えのきの賞味期限

えのきはその保存方法によって、賞味期限が変わってきます。

多くの方は購入した際のまま、つまり袋のままでえのきを保存しておくと思いますが、この場合ではえのきの賞味期限は2~3日ぐらいとなります。

これを長持ちさせるためにはえのきを購入したら、新聞紙またはキッチンペーパーなどに包んでポリ袋にいれて保存をするという方法をとることで、賞味期限は1週間ほどに延びます

すぐ使うという場合には袋のままでいいですが、しばらく使わないかもという場合には新聞紙やキッチンペーパーなどに包んでポリ袋に入れて保存しておくことがオススメです。

Sponsored Links

冷凍保存した場合

えのきを大量に購入してしまった場合には、冷凍保存がオススメです。

いしづきを切り落としてパラパラした状態にしたら、フリーザーバッグに入れて冷凍庫へ入れます。

冷凍庫へ入れてから1時間したら取り出して、一度ほぐしてから空気を抜いた後に再度冷凍庫へ入れるとえのきを使う時に使いやすくなります。

えのきを冷凍した場合には、賞味期限は3~4週間ほどまで長くなりますよ。

ぬめぬめとしたぬめりがあったら?

えのきを冷蔵庫などに保存しておいて、いざ使おうと思うとぬめぬめとぬめりがあるときがありませんか?

この様にぬめりがあった場合には、このえのきは食べない方がいいよというサインです。

この状態では腐敗菌と呼ばれる菌が繁殖している可能性もありますので、もったいないから加熱してならばというのもオススメできません。

それ以外では茶色く変色していたり、えのきの頭がすぐとれてしまう状態も腐っている状態ですので、この様な状態の時には食べないようにしてください。

c8b7b6cff951228ef65caa8ac6f8c581_s

まとめ

えのきは袋のまま保存した場合には、2~3日の賞味期限。

新聞紙やキッチンペーパーに包んでポリ袋に入れれば1週間程度まで賞味期限が延びるので、すぐに使う予定がないときは保存方法を工夫してみてください。

また、えのきは低温で栽培されるきのこのため保存はもちろん野菜室ですので、間違っても常温での保存はご法度です。

そして、冷凍保存をすれば3~4週間ほどの賞味期限になるので、大量に購入してしまった場合には冷凍保存がオススメです。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで食の小ネタを毎日お届け!

FoodBoxの最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

カテゴリー

ページ上部へ戻る