エリンギの賞味期限 カビのようなものが出たいたら、食べられないサイン!?

Sponsored Links

歯ごたえがよくバター炒めなどにすると美味しいエリンギ。

様々な味付けに合うきのことして、大活躍をしてくれるわけですが、賞味期限はどれくらいの食材なのでしょうか。

そして、ちょっとほっといた際に出てくるカビの様な物、あれはいったい何のかを見ていくことにしましょう。

エリンギの賞味期限

エリンギは大抵パックのようなもので売られていますよね。

このパックのまま野菜室で保存した場合、賞味期限は大体5日ほどになります。

きのこ類全般に言えることですが、買って来たら、パックのままで冷蔵庫へではなく、キッチンペーパーに包み、ビニール袋などに入れて保存をすることで賞味期限が延びます。

この一手間を加えることで、賞味期限は数日延びて、1週間ほどになります。

ですので、すぐに使う予定がないという場合には購入したままではなく、この保存方法をオススメします。

その他の保存方法のポイントとしては、冷蔵庫で保存をする前に水洗いをする人がいますがエリンギは水に弱く、水洗いをすると劣化が早まりますので、保存前の水洗いはNGです。

Sponsored Links

白っぽいカビの正体

エリンギを冷蔵庫から取り出して、いざ使おうと思った時にエリンギに白っぽいカビのような胞子のようなものが出ていたことはありませんか?

この白っぽいカビの様な物の正体は菌糸といわれるもので、エリンギ由来の物でカビてしまっている!というわけではないので、少しぐらい出ていても問題ありません。

しかし、これを食べたらお腹を壊すというわけではないですが、菌糸が出ている状態は劣化している状態で味は落ちていますので、お召し上がりの際には少し注意が必要です。

これはNG エリンギの食べられないサイン

エリンギの賞味期限は大体5~7日ですが、あくまでこれは目安です。

この様な状態のエリンギは食べるのをやめた方がいいというチェックポイントを紹介していきます。

まず、見た目がべチャっとしていて変な汁の様なものが出ている場合はNGです。

べチャっとして汁が出ている状態は腐っている状態なので、この状態のエリンギを食べるとお腹を壊すこともありますので要注意です。

そして、触った時にぬめりがある場合もNGです。

このぬめりがある状態も腐っているサインなので、触ってぬめりがあったら処分してください。

さらに、白っぽいカビのようなものが多く出ている場合には味がかなり落ちていますし、見分けがつかないもののエリンギの菌糸だけではなく、カビが出ている可能性もあるので、この場合にも、食べないようにしましょう。

そして、最後に異臭がするときです。エリンギは腐ると酸っぱい様なにおいがしますので、そのにおいがしたら処分をしましょう。

567936ec7a314b9450c65a065f8aec9a_s

まとめ

エリンギの賞味期限は大体5~7日。

買ったままよりは、パックから出してキッチンペーパーに包んでおけばより長持ちします。

また、エリンギに出てくる白っぽいカビのようなものは、少しであれば問題なく食べられますが、たくさん出ている場合にはカビも紛れている可能性があるので、食べないようにしましょう。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで食の小ネタを毎日お届け!

FoodBoxの最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

カテゴリー

ページ上部へ戻る