パイナップルを食べ過ぎると舌が痛い! 治し方ってあるの?

Sponsored Links

パイナップルを食べ過ぎると舌が痛くなってしまった経験はありませんか?

おいしいからたくさん食べたいけど舌が痛くなるし…と思うとなかなか手が進みませんよね。

そこで、なぜパイナップルを食べると舌が痛くなるのかという原因と、どうやったら痛みが抑えられるかを紹介していきます。

パイナップルを食べると舌が痛くなる原因

パイナップルを食べると、どうして舌が痛くなってしまうのでしょうか。

その理由はパイナップルには「ブロメリン」というたんぱく質分解酵素が含まれているためです。

このたんぱく質分解酵素「ブロメリン」が舌の粘膜を刺激することによって舌が痛くなっています。特に舌の粘膜が弱い人や一時的に弱まっている場合は普通の人より舌がピリピリすることもありますので、お見舞いの際のフルーツとしては適していないかもしれませんね。

また、新鮮なパイナップルほどたんぱく質分解酵素の働きが強いので、より刺激が強くなりやすい傾向にあります。沖縄のパイナップル農園での試食のパイナップルでちょっと食べ過ぎて、舌が痛くなったというケースは正にこの結果ではないでしょうか。

ですが、パイナップルの缶詰に関しては加熱処理をすることによって、たんぱく質分解酵素の働きが弱まっているので、舌への刺激は弱くなっていますので、舌が痛くなる可能性は低いです。

Sponsored Links

アレルギーの可能性

舌がピリピリとして、痛いからアレルギーの可能性も!?なんて思ってしまう人もいるかもしれませんが、ピリピリする程度ならば、アレルギーの可能性は低いといえます。

しかし、舌がピリピリする以外に喉が痒かったり、痛いなどの症状や唇や顔全体が腫れるなど、その他の症状が出た場合はアレルギーの可能性もあります

こういった症状が見られたり、他にも気になる症状がある場合は病院へ行くことをオススメします。

舌の痛みを抑える方法

美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまって、実際に舌がピリピリと痛くなってしまうことってどうしてもありますよね。

そんな時に舌の痛みを緩和する方法ですが、身近なものでは牛乳を飲んだりやヨーグルトを食べる事で緩和する事が出来ますよ

理由は、パイナップルに含まれる「ブロメリン」というたんぱく質分解酵素が舌を刺激して痛みが発生しているので、同じたんぱく質を含む牛乳やヨーグルトを口に含むことによって、たんぱく質分解酵素がそれらと結びつき、痛みが和らぐという仕組みです。

ですので、今後パイナップルを食べすぎて舌が痛くなったら、是非この方法を試してみてくださいね!

食べ過ぎに注意! 舌が痛くなる果物たち

パイナップルが舌を痛くする食べ物としては有名ですが、実はパイナップルの他にも食べると舌が痛くなる果物もあるので注意が必要ですよ。

その果物たちはキウイやメロン、パパイヤやイチジクなどが該当します

この果物たちにもパイナップルと同様、たんぱく質分解酵素が含まれるため、食べ過ぎると舌が痛くなる可能性があります。

食べ過ぎには十分注意してくださいね!

まとめ

このように、パイナップルは食べ過ぎると舌が痛くなってしまったりと困った面もありますが、この原因となっているたんぱく質分解酵素の働きを利用することによって肉料理をやわらかくする効果があったりといい面もあるんですよ!

また、痛みを抑える方法もわかったので、パイナップルを思う存分食べることもできますね!

しかし、くれぐれもアレルギーにだけは注意が必要ですよ。もし、舌の痛み以外の症状が出る場合は病院へ行ってアレルギー検査をしましょうね!

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで食の小ネタを毎日お届け!

FoodBoxの最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

カテゴリー

ページ上部へ戻る