じゃがいもの種類と調理の向き不向き 煮物に向いているのはどんな品種?

Sponsored Links

肉じゃがを作る際に煮込む途中で煮崩れしたり、逆に一生懸命つぶしても中々つぶれなかった事はありませんか?

実はじゃがいもの種類には調理に向き、不向きがあるのをご存知でしょうか。

覚えておけば豆知識が増えて、お買い物の際にじゃがいも選びが楽しくなりますよ!

今回はじゃがいもの種類と活用について迫っていきたいと思います。

じゃがいもの調理別に向いているのは

じゃがいもの種類を大きく二つに分けと、煮崩れしにくい種類とつぶしやすい種類に分かれます

この煮崩れしにくい品種には細長の形が多く、つぶれやすいのは丸い形の品種が多いです。

じゃがいもの種類はたくさんありますが、中でも私たちに身近な品種と調理法をご紹介します。

荷崩れしにくいじゃがいもの種類

メークイン

一般的に安価で手に入れやすい主婦の味方。

細長い形で皮が剥きやすく、味は男爵イモに比べると甘みが少なく、食感が固めだが煮物に最適

肉じゃがやカレー、シチューの煮物に適してます。

インカのめざめ

最近出てきたばかりの希少品種で道の駅などで見かける。小ぶりな卵型が特徴。

舌触りが滑らかでキメが細かくとにかく味が良い。果肉がキレイな濃黄色で荷崩れにしにくい。

揚げても変色が少ないので、ポテトチップや煮物、炒め物に。

インカのひとみ

インカのめざめの親戚で、赤い皮と黄色い果肉が特徴でこちらも希少品種。

形、味、食感ともにインカのめざめに似ており、加熱すると色がより鮮やかに。

皮も果肉も色がキレイなのでサラダの彩りや炒め物に。

ホッカイコガネ

別名が北海黄金とも言われているフレンチフライ用のポテトです。

長く大きくのが特徴で揚げた際に茶色になりにくいのが特徴。

市販ではあまり見かけませんが、冷凍のフライドポテトなどで知らずに食べている方も多いはず。

Sponsored Links

つぶしやすいじゃがいもの種類

男爵イモ

こちらも一般的に安価で手に入りやすい主婦の味方。

丸い形でごつごつして剥きにくいが、味は甘みがありホクホクとした食感。

煮崩れしやすくポテトサラダやコロッケ、付け合わせの粉ふきいもに最適です。

キタアカリ

最近はスーパーなどでちょっと高めで販売してます。

丸い形で芽が少し赤く、男爵イモよりも甘みがあり、黄色い果肉が特徴。

黄金男爵やクリじゃがいもと呼ばれ人気急上昇中。

色と味を活かして、じゃがバターやポテトサラダがオススメ。

ひかる

ポテトサラダ用のじゃがいもとして品種改良されたもの。

少し丸長でホクホクとしていてやや粉っぽい。味は男爵いもで、丸い形だが皮が剥きやすいメークインの特徴を持っている。

ポテトサラダの原料として身近に潜んでいる存在。

まとめ

上の品種をまとめると、煮物には細長い形、ポテトサラダなどは丸い形が使いやすいと覚えると良いですね。

最近の健康志向や地産地消で、珍しい品種や知らなかった野菜が簡単に買えるようになりました。

この機会に自分好みの味を見つけてみるのも良いですね!

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで食の小ネタを毎日お届け!

FoodBoxの最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

カテゴリー

ページ上部へ戻る