Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブロッコリーの賞味期限は茹でると伸びる!? 驚きの日持ち方法とは

ブロッコリーは、煮込み料理やサラダなどの彩としてよく食べられますよね。

さらに、ブロッコリーは栄養価も高いからこそ離乳食から食べられる食材です。

安い時にはまとめて購入しておきたいほど、よく食卓にはあがるブロッコリーですが、実際問題として、賞味期限はどれくらいもつものなのでしょうか?

ブロッコリーの賞味期限について詳しく見ていきましょう。

茹でて保存をすると賞味期限が伸びる!?

ブロッコリーは茹でて食べますよね。

そのため、茹でた状態で保存する人と使う都度分ブロッコリーを茹でるので生で保存する人がいると思います。

どちらの方が賞味期限としてはもつのでしょうか?

その答えは、どちらも変わらないということです。

茹でて、保存する場合にも生で保存する場合にも、基本的に賞味期限は購入してから2~3日と思っておいてください。

もちろんスーパーなどの保存状況によってはもう少し日持ちすることもありますが、基本的には購入してから2~3日以内で消費するようにして下さい。

食べられるかどうかの見極めポイント

とはいえ、野菜は他の食品とは違い、賞味期限がしっかりと記載されていません。

購入してから2~3日が目安ではありますが、食べられるかどうかの判断は自分にあります。

それではブロッコリーはどうやって食べられるかどうか判断したらよいのでしょうか?

ブロッコリーは鮮やかな緑色をしている時がおいしく食べられる時期ですが、だんだんと緑が黄色っぽくなりブロッコリーのつぼみが開花になります。

この状態は一番新鮮な時と比べると味は劣りますが、食べられらない状態ではありません。

ですが、ブロッコリーがカビている・茎やつぼみが茶色い・異臭がするなどがあれば、それはもう食べられない状態になっていると判断をして下さい。

効果的な保存方法

生で保存しても、茹でて保存しても基本的に2~3日程度しかもたないブロッコリー。

しかし、ある保存方法をすることで1~2か月もつようになります。

その秘訣が冷凍保存です。

小分けにしたブロッコリーを普通より少し固めに茹でておき、粗熱がとれたらジッパー付きの袋に入れて冷凍保存します。

基本的にブロッコリーは小分けにして茹でた状態のものを食べるので、この状態で冷凍保存しておくと使う時にも便利ですし、何より1~2か月ももつのでおすすめです。

安く売っている時などは、買ってから一度固めにに茹でてから、冷凍保存しておくようにすると節約にもなりオススメです。

まとめ

ブロッコリーは、生で保存しても茹でて保存しても賞味期限は2~3日程度です。

もちろん、その間に食べきれるのであれば問題ありませんが、そうでない場合にはかために茹でて冷凍保存してしまいましょう。

冷凍保存をすれば1~2か月はもちますよ。

栄養価も高いブロッコリーだからこそ、上手に保存して美味しく食べられるようにしましょうね。

ページ上部へ戻る