料理の天敵!?玉ねぎを切る時に目にしみるのは何の成分?

Sponsored Links

皆さんも料理をする際に、玉ねぎを切って痛い目に遭った事はありませんか?

あの気になる成分や、目にしみるのは年齢に関係するという話もありますが本当なのでしょうか。

今回はそんな気になる玉ねぎ情報を一つ一つ検証していこうと思います。

目に染みる成分の正体とは

玉ねぎの目に染みる成分の正体は、硫化アリルという成分だと言われています。

この硫化アリルは玉ねぎだけではなく、ネギ類が持つ独特の香りの素であると言われています。

そして、目に染みる原因としては玉ねぎを切ることで、玉ねぎの細胞が壊れ硫化アリルが気化をし、目や鼻に刺激を与えて涙がもたらされていると言われています。

Sponsored Links

硫化アリルは悪者じゃない!

目に染みるから硫化アリルは悪い物質だと思ってしまう人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、この硫化アリルには私たちの体にとって様々な健康効果をもたらしてくれるとても良い物質でもあるのです!

例えば、このような効果があるとされています。

  • 血液の凝固を防ぎ、血栓を防ぐ作用がある
  • コレステロールの増加を防ぎ、動脈硬化を予防してくれる
  • 白血球やリンパ球などの免疫細胞が効率的に活動してくれるようにする手助けをし、結果白血球やリンパ球が活発に活動する事で免疫力を上げてくれる
  • 疲労回復効果が期待できる
  • 消化液の分泌を手助けし、食欲増進に繋げてくれる

というわけで、刺激物質で、涙が出る物質ではありますが、健康効果はかなり高いのです。

玉ねぎ以外にも目に染みる野菜がある!

目に染みる原因となる硫化アリルを含有しているのは、玉ねぎだけではありません。

玉ねぎの他に、ネギ類のニラ、ニンニク、ネギ、ラッキョウにもこの硫化アリルは含まれています

硫化アリルの含有量としては、玉ねぎやネギの方が多い為、ニラやラッキョウ、そしてニンニクを調理しても涙がほとんど出なかったという人の方が多いです。

目にしみるのは年齢が関係している?

『若い人は目にしみにくい』という意見をメディアで見かけますが、果たして年齢は関係しているのでしょうか?

年齢が関係していると言われる理由は目にある『ダークスポット』と呼ばれる部分が非常に大きく関係しています。

目には『ダークスポット』という、目の表面に出来る黒い筋が存在します。このダークスポットは加齢と共に増えていく傾向にあり、ドライアイ傾向にある人が多いと言われています。

このダークスポットは少なければ少ないだけ健康な状態であると言われており、多いと涙の分泌が低下していると考えられています。ですので、若く目が健康な人は涙が出やすいですが、上記の様にドライアイであったり、高齢でダークスポットが多い方は、涙が出にくいとされています。

目に染みるのを阻止できる?

染みない様に切る裏技があるなら助かりますね。

調査をしてみたところ、有効な方法ととしては切る直前(約10~15分前)まで皮をむいた状態で冷蔵庫に入れておくと目に染みないと言われています。

また、口に箸(箸を使う人が多いですが、ドイツではスプーンを咥えるそうです)を横一文字になる様に挟むと、硫化アリルが含まれた汁が体内に入りにくく、涙が出ないそうです。ぜひ試してみてくださいね。

30812eade80478c134929c62d965aaca_s

終わりに

玉ねぎは切る時に涙が出て辛いのも、実は身体に良い成分だと知ると憎めませんよね。

でも、やっぱり辛いという方は目にしみない方法を実践しながら、上手く付き合っていけるようにするといいかもしれませんね。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで食の小ネタを毎日お届け!

FoodBoxの最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

カテゴリー

ページ上部へ戻る