レモンを食べる事によって得られる驚きの美容効果とは!?

Sponsored Links

揚げ物や魚の添え物として、飲み物の彩としてなど主としてあまり食べる機会が少ないレモン。

酸味が強いためなかなか主として食べることはしませんが、レモンは昔からビタミンCなどが多いことでも有名ですよね。

健康や美容のためになるなら、レモンを上手に食生活に取り入れていきたいものです、

レモンの効果についてみていきましょう。

レモンの栄養

レモンの栄養の中でも特に注目したいのが、ビタミンCです。

ビタミンC=レモンとイメージできるぐらい、レモンにはたくさんのビタミンCが含まれています。

その量はレモン100g中に100mgも含まれているんです。

ビタミンCがたくさん含まれている柑橘類の中でも、この含有量はトップなのです。

さらに、有機酸であるクエン酸も多く含まれています。

また、これはあまり有名ではないですが、レモンにはポリフェノールの一種であるエリオシトリンという栄養も含まれています

Sponsored Links

レモンの効能

ビタミンCやポリフェノールが含まれているとご紹介をしてきましたが、レモンを食べることで体にはどういう効果が期待できるのでしょうか。

まず、豊富に含まれているビタミンCは美容効果が盛り沢山です。

しみやそばかすの原因となるメラニン色素を抑制してくれたり、肌荒れを防止してくれたり、肌のハリに必要なコラーゲンの生成を助けるなど美肌成分がたっぷりです。

さらに、レモンに含まれるクエン酸は、疲労回復効果はもちろんのこと代謝を高めてくれる効果が期待できます。

代謝が高まるということは、ダイエット効果や冷え性改善などにも繋がるのです。

そして、ポリフェノールの一種であるエリオシトリンはビタミンCと同様に、アンチエイジング効果や血管を広げ血液を流れやすくさせたり、脂肪の吸収を抑えて排出したりなど肥満予防をはじめとする生活習慣病の予防に効果があるとされています。

レモンは皮と実、どちらが栄養豊富?

レモンは皮と実に分けることができますが、どちらの方が高い栄養があるのでしょうか?

ビタミンCやクエン酸に関しては、実も皮も含有量はほぼ同じぐらいです。

ただ、圧倒的に違うのがポリフェノールの一種であるエリオシトリンです

エリオシトリンが含まれているのは皮の方なので、皮も食べるようにしないとなかなかレモンの持つ栄養を取りきることが出来ないのです。

皮を食べるには…?

とはいえ、普段レモンは果汁を絞るぐらいであまり皮まで食べることは少ないですよね。

皮まで食べるためには、レモンのはちみつ漬けがおすすめです。

レモンをきれいに洗って、輪切りにしはちみつと漬けるだけという超簡単な食べ方ですが、はちみつによって甘みがプラスされてレモンが食べやすくなります。

紅茶にレモンのはちみつ漬けをいれて飲みながらレモンも一緒に食べるというのもいいですし、お菓子に加えるのもおすすめですよ。

まとめ

レモンはなかなか食べるという意識をするものではないですが、レモンに含まれるビタミンCやクエン酸、エリオシトリンは美容効果も高く、生活習慣病の予防にもなります。

これからの冬の季節であれば、免疫力が高まり風邪予防にもつながります。

普段紅茶や白湯を飲む時にレモン果汁を加えたり、レモンのはちみつ漬けを食べたりなどしてレモンを食べる習慣をつけてみてはどうでしょうか?

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで食の小ネタを毎日お届け!

FoodBoxの最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

カテゴリー

ページ上部へ戻る