天ぷらにピッタリなオススメのえびの種類って何!? 特徴まとめ!

Sponsored Links

天ぷらで好きな具材といえば大人も子供もえびが上位にあがってくるのではないでしょうか。

お店で食べることもできますが、家庭で作って食べる方もいますよね。

そんなときどんな種類のえびが天ぷらに向いているのか、スーパーでどのえびを買えばいいのか悩んだことありませんか?

そこで天ぷらに適したえびの種類や特徴などを紹介したいと思います。

天ぷらに適したえびの種類と特徴

天ぷらに適したえびとして、一般的に言われているのは車えび、ブラックタイガー、バナメイエビの3種類になります。

それぞれの特徴はどんな感じなのか見ていきましょう。

車えび

車えびはえびの中でも人気が高いえびになっています。養殖でも値段はやや高く、天然物の車えびは更に高い値段となっています。

揚げると程よく身が締まり、歯ごたえが出ます。味も甘みが強くなるとされており、天ぷらに最適ですね。

ブラックタイガー

ブラックタイガーは、養殖しやすく車えびより安く購入することができます。

揚げると旨味が増すえびで値段も安いこともあって家庭でもよく食べられる種類となっています。

味は車えびと差がないと感じる人も多いですが、歯ごたえに差があるとされています。

車えびは歯ごたえがしっかりとありますが、ブラックタイガーは車えびより歯ごたえがやわらかく、ふわっとした食感が楽しめます。

家庭で天ぷらをするなら安くて手に入れやすいブラックタイガーが向いているかもしれませんね。

Sponsored Links

バナメイエビ

バナメイエビは、ブラックタイガーよりも更に養殖がしやすく丈夫で早く育つためたくさん養殖することができます。

そのためブラックタイガーよりも安く手に入れることができ、最近ではブラックタイガーよりも人気があるとも言われています。

大きさは他の2種類よりやや小さくはなりますが、安く手に入るのでたくさん作ることができますよ。

また、他のえびに比べて歯ごたえはありませんが、えび特有の甘みもありクセもないので食べやすい種類です。

バナメイエビは養殖がほとんどで年中手に入りやすく価格や出荷がが安定しているのでいつでもスーパーで購入することが出来ます。

以上のように天ぷらに適したえびの種類と特徴を紹介しましたが、家庭で作る場合は価格が安く、スーパーでも手に入りやすいブラックタイガーやバナメイエビが向いているのではないでしょうか。

車えびより味などは落ちますが、家庭で食べる分には申し分ありませんよ。

お店で食べている天ぷらのえびはどの種類?

えびの味わいが分かったところで、お店で食べているえびはどのようなえびなのかを見ていくことにしましょう。

お店で食べる天ぷらでは車えびやブラックタイガーを使っているところが多いのではないでしょうか。

高級なお店では車えびを使用しているところが多いようですね。

逆にそれなりの価格帯のお店などではブラックタイガーを使用しているところもあるそうです。

意外と家庭で作った天ぷらでも食べなれたお店の味を再現できるかもしれませんね。

deaab3a7fcada7222d0d788b1d9b1f46_s

まとめ

天ぷらに適したえびの種類と特徴について紹介してきました。

車えびはお値段が高いので、なかなかスーパーで手に入れるのは難しいかもしれませんが、ブラックタイガーやバナメイエビなら手に入りやすいので、家庭で作るならこれらのえびを使って天ぷらを作ってみるのがオススメです。

お店で食べるなら、たまには車えびを使った天ぷらを食べてみるのもいい経験ではないでしょうか。

普段食べているえびとの違いが楽しめて面白いかもしれませんね。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで食の小ネタを毎日お届け!

FoodBoxの最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

カテゴリー

ページ上部へ戻る