冷凍春巻きをパリッとおいしくする揚げ方のコツ!

Sponsored Links

お弁当などに入れる機会も多い、冷凍食品。

その中でも、パリッと揚げられたらとっても美味しいのが冷凍春巻きです。

あとは揚げるだけというもので、安く大量に売っていることもあるのでそういったものを上手に利用することもありますよね。

揚げるだけという簡単さはありますが、実は揚げるのって難しいです。

いかに春巻きをおいしく揚げるか、その揚げ方について詳しくみていきましょう。

冷凍春巻きを爆発させないポイント

冷凍春巻きを揚げた時の”あるある”かもしれませんが、爆発したことありませんか?

冷凍春巻きのパッケージの裏側などにも「油はねにご注意ください」なんて書いてあることもありますが、パチンと音をたてて爆発するとちょっと揚げ物が嫌になりますよね。

でも、どうして冷凍春巻きは揚げた時、爆発するのでしょうか。

それは、冷凍春巻きに含まれる水分の影響です。凍った状態から油に投入することで、春巻き内にあった水分が出て油に反応して爆発してしまうのです。

というわけで、水分が出ないようにすれば、冷凍春巻きの爆発を防ぐ事が出来ますよ。

まず、揚げる前に、冷凍したものを解凍し水分がない状態にします。できれば、電子レンジであたためて、完全に水分をとばすというのがおすすめですよ。

Sponsored Links

春巻きを揚げる温度

よりおいしい春巻きにするためには、揚げる時の温度にもポイントがあります。

よく料理本などには、160~170度ぐらいの油できつね色になる前なんて書いてあるものも多いですが、中までおいしく仕上げるために大切なのは低温から温度を上げていくということです。

まずは100~130度ぐらいの低温で春巻きを揚げはじめます。

次に表面に次第に色がついてきたら、一気に180度ぐらいにしてきつね色にするというのが、もっとおいしい春巻きを揚げるときの温度のポイントです。

揚げる時間というよりも、春巻きの表面の色を見ながら揚げるというのがポイントですよ。

一度にたくさん揚げるのは厳禁!

春巻きをたくさん揚げたい、という時にやってしまいがちなのが一度に大量に揚げることです。

もちろんすべての揚げ物がそういうわけではないですが、春巻きに関しては一度にたくさんあげるのはあまりよくありません

というのも、油の中に春巻きがたくさん入っていると温度が急激にあげられません。

低温から180度ぐらいまでに温度をあげるとき、うまくあげきれないのでからっとおいしくできなくなってしまうのです。

また、余分に皮が油を吸う原因にもなっていますので、1回に2~3本ずつというように少しずつ揚げるようにしてくださいね。

まとめ

からっと美味しく揚げられた春巻きがお弁当または食卓に出た時の幸せはありません。

家族や大切な人を喜ばすためにも、ぜひ春巻きを揚げるときには温度を注意してやってみてくださいね。

また、爆発を避けるために冷凍のままあげるのではなく、しっかりと解凍された状態にしておくこともポイントですよ。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで食の小ネタを毎日お届け!

FoodBoxの最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

カテゴリー

ページ上部へ戻る