Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チーズケーキとレアチーズケーキの違いは作り方!?

ケーキ屋さんで必ずと言っていいほど見かける定番ケーキのひとつであるチーズケーキ。

でも、ショーケースをよく見てみると、レアチーズケーキとチーズケーキの2種類が置いてあることが多いですよね。

この2つのチーズケーキってどこが違うか、意外と知っている人は少ないのではないでしょうか。

今回はレアチーズケーキとチーズケーキの違いについて詳しく解説しますので、チーズケーキが好きな方、ぜひ読んでみてください!

レアチーズケーキとチーズケーキの違い

レアチーズケーキとチーズケーキどちらもチーズを使ったケーキですが、どこのケーキ屋さんでも示し合わせたように白いチーズケーキはレアチーズケーキ。

そして、黄色いチーズケーキはチーズケーキとして販売しています。

この両者の色が違う理由はチーズの種類の違いではなく、作り方にあるのです。

作り方が違うと食べたときの口どけや味わいにも変化が出てきます。

名前の違いの理由も作り方の違いに隠されていますので、2つのチーズケーキの違いについて詳しく見ていくことにしましょう!

レアチーズケーキの“レア”の意味

レアチーズケーキの“レア”とは、“生”という意味です。

この“生”は生チョコや生キャラメルといった生クリームを意味するのではなく、“焼いていない”ということを意味します。

つまり、レアチーズケーキは生地を焼いて作っているのではなく、生地にゼラチンや寒天を溶かして加えたり、メレンゲを加えたりした後に冷やし固めて作っています。

そのため名前に“レア”が付きます。

作り方の違い

2つのチーズケーキは柔らかくて塩分が少ないクリームチーズ、卵、砂糖、生クリームもしくは牛乳が主な材料となります。

そのため、材料の面では両者に大きな違いはありません。

また、クッキーやクラッカーといったお菓子を砕いて作るクラスト生地を土台として使うことがある点も同じです。

しかし、作り方での違いとは一体なにか? その答えは焼き方にあります。

まず、レアチーズケーキは焼かないで作るチーズケーキのため、チーズそのものの色である白色をしています。

またヨーグルトやチョコレートの風味をつけたレアチーズケーキも作られています。

逆にチーズケーキは生地を焼いて作るチーズケーキのため、こんがりとしたきつね色をしています。

レモン汁を入れなくても固まるため、チーズの味が前面に出ていることも特徴です。

仕上げにつや出しとしてアプリコットジャムを塗られていることがあります。

味わいの違い

レアチーズケーキはチーズのクリーミーさを感じつつもさっぱりとした味わいが特徴的です。

固めるためにレモン果汁を加えて作られることが多く、レモン果汁の爽やかさが感じられるものが多いです。

そして、イチゴやブルーベリーといったベリー系のソースとの相性がいいです。

逆にチーズケーキはシンプルながらもチーズの甘さや濃厚なおいしさをダイレクトに味わえることが特徴的です。

生地の密度が濃いので、長い間口の中でねっとりとしたチーズのおいしさを味わうことができます。

苦いコーヒーや紅茶と合わせて食べると、また別のおいしさを楽しむことができます。

食感の違い

口当たりが軽く、焼いていないためふわっと口どけがいい食感がレアチーズケーキの特徴です。

また、柔らかさを前面に出し、現在では布に包まれたものも販売されていますよ。

チーズケーキの方はレアチーズケーキと比べるとみちっと詰まった生地なので、しっとりとした感じ。もしくはずっしりといった食感がチーズケーキは特徴的です。

他にもある!チーズケーキの種類

焼いて作るチーズケーキですが、焼き方によって種類があるのをご存知ですか?

一般的にはチーズケーキは3種類に分けられます。

  • スフレチーズケーキ
  • ベイクドチーズケーキ
  • ニューヨークチーズケーキ

スフレチーズケーキ

スフレチーズケーキはメレンゲを入れて蒸し焼きにしたチーズケーキです。

スポンジケーキのような見た目ですが、味はしっかりチーズを感じます。

ふわふわとした食感でさっぱりとした味わいが特徴的です。

このスフレチーズケーキは日本発祥のチーズケーキと言われています。

ベイクドチーズケーキ

ベイクドチーズケーキは、オーブンできつね色になるまでしっかり焼いたチーズケーキです。

ニューヨークチーズケーキ

ベイクドチーズケーキと比べると焼き色が薄く、黄色いチーズケーキです。

ベイクドチーズケーキよりもクリームチーズの分量が多いことや、サワークリームが加えられることが違いとして挙げられます。

そのため、チーズケーキの中で1番クリーミーで濃厚な味わいとなっています。


スフレチーズケーキとニューヨークチーズケーキを、お菓子屋さんではチーズケーキとして販売していることが多いです。

最近では真っ黒のチーズケーキも販売されている!

チーズケーキは焼き色が美しいですが、黒く焼かれたチーズケーキがあることをご存知ですか?

これはスペインのバスク地方で焼かれるチーズケーキです。

じっくり焼いているので外は香ばしく、味も濃厚で嫌な苦味は感じないおいしいチーズケーキなので、チーズケーキが好きな方はぜひ一度ご賞味ください!

最後に

今回はレアチーズケーキとチーズケーキの違いから、チーズケーキの種類についてご紹介しました。

ケーキの中でも濃厚で強い味わいですが、自分の好みに合ったチーズケーキをぜひ見つけてくださいね。

ページ上部へ戻る