Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

堅くなった大福餅 レンジで温めてふわふわにする裏技

苺大福や豆大福など、冬においしい和菓子である大福。

柔らかくふわふわでもちっとした生地と中の餡が合わさっておいしいですよね。

しかし、時間が経ったり、保存方法を間違えてしまうと大福は固くなり、おいしさが損なわれてしまいます。そこで、

今回は固くなってしまった大福を柔らかくする方法や、大福が固くなってしまう原因。そして、おいしいまま保存する方法をそれぞれご紹介します!

固くなってしまった大福はレンジで柔らかくなる!

大福をお供えしていたら固くなってしまったり、ラップの掛け忘れで大福が固くなってしまったことありませんか?

がちがちに固くなってしまった大福を元のふわふわな柔らかい大福にする方法が実はあるのです。

ずばり、それは電子レンジで温めることなのですが、ただ温めるだけではだめです。

たとえば、冷凍の肉まんを食べるときに、電子レンジで温めると周りの生地の部分が固くなってしまった経験はありませんか?

正しい温め方を知らないと、余計に固くなってしまい最悪の場合食べられなくなってしまうこともあるため注意が必要です。

ですから、正しい温め方をマスターしてくださいね。

温めるときのコツその1‐水分を含ませる‐

肉まんを電子レンジで温める場合に表面を少し水で湿らせてあげるとふっくら柔らかく仕上がりますよね。

この原理と同じで、 大福全体に霧吹きを使ってまんべんなく水をかけてあげる方法がベストです。

この一手間をかけてあげることによって、部分的に固くなってしまうことや水分の含ませすぎによって起こる皮の部分がぐじゅぐじゅになってしまうなどといった柔らかさのムラがなくなり、どこを食べても柔らかくておいしい大福となります。

しかし、霧吹きを使うのが面倒!!という方は大福を濡らし過ぎると大福の皮がぐじゅぐじゅの状態になってしまい問題なので、全体を軽く水で濡らすだけでも大丈夫です。

つまり、大福を電子レンジで温めて柔らかくする場合、水分を含ませることは必要不可欠ですが、この水分を含ませるだけでは大福は柔らかくならないのです。

温めるときのコツその2‐ラップを掛けて蒸らす‐

大福に適量の水分を含ませて電子レンジで温めると柔らかくなることは分かりました。

しかし、それだけではおいしい大福には戻らず、ラップを掛けることも必要不可欠なのです。

また、ラップの掛け方にもコツが必要で、大福にぴたっとラップを掛けるのではなくふわっとラップを掛けるようにして下さい。

そうすることによってラップの中に適度な空気が含まれ対流しやすい空間となります。

その空間にいる大福は電子レンジの加熱によって適度な熱と水分が加わり、結果的に柔らかくなるのです!

それでは、次に温め時間はどのぐらいがベストなのか見ていくことにしましょう。

温めるときのコツその3‐秒刻みで温めよう‐

電子レンジでの加熱時間は、大福の大きさや電子レンジのワット数、温めたい大福の個数によって異なります。

小さい大福だと5秒から10秒、大きい 大福だと30秒から1分となります。

温めすぎるとせっかく大福に含ませた水分が蒸発してしまい、変に固くなってしまうことがあります。

また生地によってはどろどろに溶けて大福ではなくなってしまう場合もあるので要注意です。

温めるのに不安な方は5秒か10秒ずつ様子を見ながら、レンジで加熱することをおすすめします!

大福が固くなってしまう理由

柔らかくする方法は以上でお分かり頂けたと思いますが、今後のためにどうして柔らかくてもちもちしている大福は何故固くなってしまうのかを見ていきましょう。

大福をお皿の上に乗せて放置しておいたりすると大福がかぴかぴになってしまいますよね。

大福が固くなってしまう原因は、大福が空気に触れてしまうからなのです!

大福には水分が含まれていますが、空気に触れることによって乾燥してしまい、その乾燥が進むことによって大福は固い状態へとなってしまいます。

ひとつひとつ大福を包装して乾燥から守ってあげると、乾燥しにくくなり固くなりにくくなるのです。

大福を柔らかいまま 保存する方法

まず、大福を空気に触れさせずに乾燥から守る方法としては大福をぴっちりラップで包むという方法があります。

これを行なうと冬のような低い気温の季節は常温で保存することができます。

しかし、夏など高い気温の季節は固くなること以外にも傷みやすくなってしまうため、常温ではなく冷蔵庫での保存をおすすめします。

大福をラップで包んで保存する方法だと、2日ほどは柔らかい状態をキープすることができます。

これよりももっと長く保存したい!という方は、ラップで包んだ大福をジップロックなどの密閉できる袋に入れて、冷凍庫で保存してください。

この場合2週間ほど柔らかい状態をキープすることができるので、大福をたくさんいただいたときなどにおすすめです。

冷凍保存した大福の温め方

冷凍庫で保存した大福はがっちがちに凍ってしまっていますよね。

凍ったままの大福は先ほど紹介した水分を含ませてから、ラップをふんわり掛けてレンジで加熱をしても思ったような柔らかさにはなりません。

冷凍庫で保存した場合は、まずは冷蔵庫内で解凍をしてください!または常温の場所に置いておいて自然解凍させても大丈夫です。

その後にレンジで上記の通りに加熱すると柔らかい大福になります。

最後に

今回は固くなってしまった大福を電子レンジを使って柔らかくする方法をご紹介しました!

大福が固くならない長期保存の方法も合わせて紹介したので、この2つを覚えて頂くと、いつでもおいしい大福を楽しめますよ。

また、温めるときにトースターを使うとおやき風のデザートにもなり、また別のおいしさを味わうこともできますよ!

ページ上部へ戻る