賞味期限切れのヨーグルトを上手く活用するコツ

Sponsored Links

冷蔵庫では様々な食品を保存していますが、どうしても賞味期限が切れてしまうことってありますよね。

賞味期限が切れやすい食品として、ヨーグルトを思い浮かべる人も多いはず。

毎朝食べようと習慣にしているけど、何かの理由でちょっと食べない間にすぐに賞味期限が切れてしまうヨーグルト。

賞味期限が切れても何かに活用することは出来るのでしょうか?

ヨーグルトの消費期限

賞味期限=食べられる期限と思っている人も多いですが、そうではありません。

賞味期限はあくまで、美味しく食べられる期限を指していて、実際に食べることが出来る期限は消費期限と言われています。

ただし、食品のほとんどには賞味期限だけが記載されていて消費期限が記載されていることはありません。

そのため、賞味期限が切れただけで食べられないと判断し捨ててしまっている人も多いのではないでしょうか。

でも、それってちょっともったいないですよね。

特にヨーグルトは購入する機会は多いものの、賞味期限は大体買ってから3~4日ぐらいのものが多いため、どうしてもすぐに賞味期限が切れてしまいます。

では、ヨーグルトの消費期限はどれくらいなのでしょうか?

ヨーグルトを開封してしまった状態かそうでないかによっても食べられる期限は少し違います。

まず、既に開封してしまった場合の目安は賞味期限+3日以内に食べきるのが目安になります。

開封してしまっている以上、どんどん劣化していってしまうために賞味期限から3日ぐらいが限界の事が多いです。

しかし、まだ開封してしない場合には賞味期限+1週間ぐらいはみておいても平気でしょう

実際私も、よく賞味期限を切らしてしまいますが未開封であれば、これぐらいの期間は過ぎていても特に体に何か起きたことはありません。

もちろん、あくまでこれは私の個人的な経験をもとにしているので、心配な人はもちろん賞味期限が切れたら食べないようにするのが良いですよ。

Sponsored Links

賞味期限切れヨーグルト活用方法

加熱する料理に使ってみる!

賞味期限が切れても3日ぐらいなら食べられるなんてご紹介しましたが、それでもやっぱりそのままいつものように食べるには抵抗があるという人は、ヨーグルトを加熱料理に使ってみましょう。

熱を通すことで、そのまま食べるよりも安心して食べられますよね。

具体的な使い方としては、カレーが一番使いやすいと思います。ヨーグルトの酸味も特に出ず、カレーの味をまろやかにしてくれますよ。

ちなみに、我が家ではお菓子に使うことが多いです。

例えば、ホットケーキを焼くにしても、ホットケーキミックスにヨーグルトを入れることでもちもち感とちょっとした酸味を感じられて、ジャムなどにピッタリの味へ早変わりです。

また、ヨーグルトを使うと、チーズがなくてもチーズケーキを作ることもできるんですよ。

クックパッドなどの料理レシピサイトでも、ヨーグルトを使ったお菓子レシピがたくさん出てくるのでそういったものを参考にしてみるのもおすすめです。

ヨーグルトでパックをしてみる!

もうひとつの使用方法としては食べるのではなく、パックとして使う方法です。

ヨーグルトには、ビタミンAやB、乳酸(AHA)など肌に良い物ばかりが含まれています。

これらの成分が肌に作用することで、美白や美肌だけではなく、保湿や毛穴の引き締めという効果も期待出来るのです。

もちろん使用できるのはプレーンヨーグルト。砂糖やジャムなどが入っているものは使用できないのでお気を付けください。

方法はいたって簡単で、プレーンヨーグルトを顔に塗って、3~4分したら洗い流すだけでOKです。

ですが、ヨーグルトが緩く垂れてしまうこともあるので、その場合には少し粘り気が出る程度に小麦粉を混ぜるのがオススメですよ。

ちなみに、ヨーグルトを塗って肌がピリピリしたというケースも人によってはありますので、最初は少しの量からはじめ、特に問題ないようであれば顔のパックとして使用するようにしてくださいね。

a280ae4bd7af37b38d8b3a419acdd93d_s

まとめ

身近な食品であるヨーグルト。

一人暮らしなどではどうしても賞味期限が切れてしまいがちですが、賞味期限はあくまでおいしく食べられる期限なので少しであれば賞味期限から過ぎて食べることもできます。

ただし、人によってはお腹を下すという人もいるので、やはり心配な人は賞味期限内に食べるのが一番ですよ。

賞味期限を切れたヨーグルトは、加熱調理やパックとして使用することが出来るので、ただ捨てるのではなく上手に活用してみてくださいね。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで食の小ネタを毎日お届け!

FoodBoxの最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

カテゴリー

ページ上部へ戻る